• FOLLOW US

とどろき酒店

旭菊 生もと純米 1,800ml
明治33年、福岡県三潴郡犬塚村にて清酒製造を始めた「旭菊」は、朝日のように勢いのある切れのよい酒を願って「旭菊」と命名された。
「米本来の旨味を醸し出し、飲み飽きしない純米酒を造ること」を心がけ、まずは「米づくりが大切」と県内の農家と契約栽培をしている。

-



生産地

福岡県

蔵 元

旭菊酒造

容 量

1,800ml




なんというやさしさ!旭菊を飲むと、イガイガしておりました心もほにゃほにゃふやかされる(気がします)。決して派手ではありません。ただただやさしい、日本酒というのみもの。角ばったところが見つかりません。どうやったらこんなにやさしい味になるのか原田杜氏に聞いてみたいです。「生もと」「山廃」※とラベルに書かれたお酒はちょいとクセものだ、という人にも飲んでみていただいて感想を聞きたいです。(私自身はもともと全く抵抗ありません)先日いただいた貴 山廃純米大吟醸といい、この旭菊といい、生もと、山廃のイメージががらりと変わるかもしれません。逆に針がふれて愛しちゃうかもしれません。個人的には、この旭菊も常温かぬるめにあたためるのがおすすめです。※日本酒のひとつの製法のことです (とどろき酒店日記よりby田中)

Online Shop

Category

SHOPPING GUIDE

お支払い・送料等について

GIFT WRAPPING

ギフト包装・熨斗・ラッピングについて