• FOLLOW US

とどろき酒店

中野中 Episode1 東鶴 黄麹 1800ml
「ちえびじん」中野さんと「東鶴」野中さんが3年越しで送る
新しい飲みくらべシリーズ『中野中(なかのなか)』。

Episode 3 アマカラの復習(甘口・辛口飲みくらべ)
Episode 2 オカンの誕生(速醸もと・生もとを燗酒で飲みくらべ)

に続く、2017年 最終章は
Episode 1 ホワイトの覚醒(白麹・黄麹の飲みくらべ)です。

-




今回は白麹と黄麹の飲みくらべ。
白と黄の色をイメージしていると、
2枚のレコードジャケットが頭に思い浮かんできました。

ちえびじんは「白」麹。
白といえば、ビートルズの「The Beatles」(1968)
ジャケットが白一色なので、通称『ホワイトアルバム』と呼ばれている名盤です。

東鶴は「黄」麹。
レコードで黄色といえば、
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「The Velvet Underground and Nico 」(1967)
アンディ・ウォーホルが描いた黄色いバナナが印象的です。

造り手のふたりがそれぞれのジャケットを持っています。

思わず並べて置きたい、飲みくらべたい、
そんなラベルになればと思い(なっていますでしょうか?)、
絵の制作&デザインを林舞さん(ぱんとたまねぎ)にお願いしました。

中身のお酒もラベルと同じくらいチャーミングです。
一般的には日本酒には使わない白麹は酸に特徴があります。
その酸をちえびじん中野くんはどのように扱ったのか。
対する野中くんは、日本酒ではお馴染みの黄麹を、
初めてのお米(北海道産彗星)を使ってどのように表現したのか。

この若い二人の造り手が意識し合い、響き合い、造った酒を
ぜひ飲みくらべてみてください。
そのときにはこの2枚のアルバムをBGMに!


とどろき酒店
轟木 渡

Online Shop

Category

SHOPPING GUIDE

お支払い・送料等について

GIFT WRAPPING

ギフト包装・熨斗・ラッピングについて