• FOLLOW US

とどろき酒店

花の香 花火 瓶内二次発酵スパークリング  720ml
今から遡ること六百年前。九条関白の子息、厳中和尚(げんしゅうわじょう)のお供として京都から肥後玉名郡内に下った神田家の祖先は、この地に根を下ろします。

明治三十五年、神田角次・茂作親子は妙見神社所有の神田(しんでん)を譲り受けて、ここに湧き出る磐清水と米で酒造りを始めます。酒蔵周辺の木々から梅の香りが蔵の中に漂うことから銘酒『花の香』が生まれます。創業当時の思いと、より多くの飲み手に知って、愛してほしいという思いから『花の香』が蔵名になりました。

現在の花の香は、現代の食文化、食卓に合う日本酒にスタイルを変え、日本だけではなく、世界へ羽ばたく『SAKE』として日々飛躍しております。




生産地

日本 熊本

蔵 元

花の香酒造

容 量

720ml




発泡系ワインの本場カヴァやシャンパーニュで受け継がれる伝統製法『瓶内二次発酵』の蔵元を自ら訪れ、試行錯誤を重ねて進化させた本物志向のスパークリング日本酒です。
花の香らしい香りはそのままに、ドライな感覚の中にしだれ花火の様な余韻が楽しめます。
華やかな純米大吟醸スペックに仕上がっております。

(酒米 国産米/精米歩合 50%/アルコール度数 14度)

Online Shop

Category

SHOPPING GUIDE

お支払い・送料等について

GIFT WRAPPING

ギフト包装・熨斗・ラッピングについて