• FOLLOW US

とどろき酒店

フレデリック・コサール ブルゴーニュ ブドー2016赤
ブルゴーニュ地方のサン・ロマン村に1996年に始めたばかりの新しいドメーヌ・シャソルネイがあります。デビューと同時に一気に有名になり、地元ブルゴーニュばかりでなくフランスのプロの間でも非常に注目を集めております。そのシャソルネイのフレドリック・コサール氏は若い世代の醸造家ですが、しっかりとした理想を持ち、それに向かって自然農法ビオディナミを実践する才能溢れる自然環境をこよなく愛する人物です。彼のワインは栽培方法・収穫方法・醸造方法まで自己流、100%本人のみが携わるといった非常にこだわった造り手です。白ワインも赤ワインも100%新樽を使い、それぞれのポテンシャルの中で可能な限り樽で熟成するという徹底ぶりです。ブドウは昔ながらの足踏みでつぶし、発酵は天然酵母で二酸化硫黄は一切使用しません。畑仕事にいたっては土を耕すのも馬を用い、収穫は当然、手で行います。非常に大変な労働を苦とせず取り組む彼のパワーがそのまま味わいになっているワインはますます注目されていくことでしょう。




生産地

フランス / ブルゴーニュ

生産者

フレデリック・コサール

容 量

750ml



〜 2016年のシャソルネイ&コサール 〜
一般的に2016年の評価は、「酸が穏やかでボリュームが豊かな2015年に似ている」とされています。しかしフレッドは「ブドウが晩熟でフェノールがしっかりと熟した2008年、エネルギッシュで芳醇な2012年、果実感が豊かな2015年の3ヴィンテージの特徴を併せ持ったハイバランスな年」と評価しています。

赤はタンニンの量が控えめで、ややスマートな印象。しかしながらアルコールのボリュームとふくよかな果実味があり、現段階でのタンニンと果実感のまとまりは見事です。数ヵ月後の早い段階から、果実の開きとともにエレガンスに磨きがかかり、染み入るような優しいエキスはよりしなやかさを増し、より品格を備えていくことでしょう。

白も赤も揃って秀逸な出来栄えです。
しかしながら収量にかんしては4月25〜27日にコート・ド・ボーヌを中心に大規模な遅霜の被害により、特にドメーヌは深刻な低収量の年となってしまいました。

が、しかし! 2016年はフレッドがこれまで温めていた新たなプロジェクト発動のタイミングであったことが幸いし、各本数は少ないもの、ワインの種類は例年とほぼ変わっていません。

(ピノノワール)

Online Shop

Category

SHOPPING GUIDE

お支払い・送料等について

GIFT WRAPPING

ギフト包装・熨斗・ラッピングについて