• FOLLOW US

とどろき酒店

リンクリン ミューラー・トゥルガウ2018白
皆さんのドイツのイメージを変えてくれるであろうワインです!リンクリンはバーデンで有機農法、自然酵母でワイン造りに取り組んでいます。赤白ともに伸びやかな酸が心地い〜い!!〜 輸入元資料より 〜ドイツの黒い森(シュヴァルツヴァルド)とアルザス(フランス)のヴォゲーゼン山脈の間に有るカイザーストゥールと言う小さな大昔の火山の麓に位置するリンクリン・ワイン。ドイツワインですがアルザスワインにちょっと似た雰囲気を持つワインでドライですっきりしているのだけれどしっかり味わいがあるという優れものです。ワイン作りには最高の気候と土壌に恵まれているお陰で、何世紀も昔からブドウの木が植えられ、1955年からは、ブドウ、野菜全てをきびしい有機農業(バイオ)の基準に従って栽培していますが、それにもかかわらず1985年まではブドウを村の農協に持ち込んでワインを作っていました。しかしそれでは苦労して有機農法でブドウを育てる意味がないので、1986年に昔ながらの伝統的なやり方に戻るという大きな決心をして、自らワインを作り始め、今は本当の意味で始めから終わりまでその作業を行っています。その昔ながらのワインの製造法では、搾りたてのジュースもワインも遠心分離機にかけず自然の重力によって、オリを取り除きます。そして熱を加えたり培養した酵母を足すことなく、ワイン畑で自然発生した酵母だけで発酵させます。その結果各々のワインが独自の性格を持って出来上がることになります。アルザスのピエール・フリックのもとで修行したこともあって、フリックに通じる柔らかな味わいです。ほんのりとバランス良く存在する甘さ、しっかりしたエキス分。余韻もきれいです。




生産地

ドイツ

生産者

リンクリン

容 量

750ml


青りんご、レモン、グレープフルーツ、ハチミツなど華やかな香り。たっぷり果実味。酸があるので爽やかな切れ味。うまい!!
(ミュラー・トゥルガウ100%)

Online Shop

Category

SHOPPING GUIDE

お支払い・送料等について

GIFT WRAPPING

ギフト包装・熨斗・ラッピングについて