• FOLLOW US

とどろき酒店

醸し人九平次 CAMARGUE(カマルグ)に生まれて 720ml
酒造元である「萬乗醸造」は愛知県名古屋市大高町にあり、織田信長が今川義元を討った桶狭間もほど近い場所にあります。
創業は350年以上ある老舗蔵。十五代目を襲名した当主久野九平治と、友人でもある佐藤彰広杜氏を中心に若い蔵人共に酒造りを行う。
『熟した果実の香りをもち、貴賓・優しさ・懐かしさを感じていただけるお酒を造りたい』をテーマにフレッシュで自然な味わいを求めて進化し続けています。
近年は、フランス三ッ星レストランのワインリストにオンリストや銀座での日本酒ウォーク、醸造家九平次としての日本酒セミナーなどそのエネルギッシュでクリエイティブ溢れる活動は、新たなる日本酒の価値を国内外問わず生み出しています。




生産地

愛知県

蔵 元

萬乗醸造

容 量

720ml




カマルグとは・・・南仏アルル近郊のローヌ川が地中海にそそぐ三角州。ピンクフラミンゴなどの野生の動植物が生息する自然公園周辺にあるフランス唯一の稲作地帯を『カマルグ』と呼びます。

現代日本酒を語る上で、必ず名が上がる革新的日本酒の一つ『醸し人九平次』。2013年よりSAKEの進化のヒントをワインに求め、辿り着いた地、カマルグにてフランス固有品種『マノビ』というお米に出会いました。このマノビ米に新たなSAKEの進化と未来を見つめる自己表現の可能性を感じ、初めて日本の地に運ばれ醸されました。

今まで味わったことのないマノビ米の旨味と共に、日本酒の未来・進化が膨らんでいきます。

(酒米 フランス産マノビ米100%/精米歩合 50%/アルコール度数 16度)

Online Shop

Category

SHOPPING GUIDE

お支払い・送料等について

GIFT WRAPPING

ギフト包装・熨斗・ラッピングについて