• FOLLOW US

とどろき酒店

三千盛 純米大吟醸 1,800ml
尾張国清州城は織田信長でお馴染みのところでございますが、その清州出身の水野鉄治が、安永年間(1771年)現在の岐阜県多治見市に於いて造り酒屋を開業いたしましたのが、今日の三千盛誕生のきっかけとなっております。
からくちの銘酒としてご愛用いただいております「三千盛」も、明治の中頃までは「金マル尾」「銀マル尾」「炭マル尾」の三種の銘柄で親しまれ、その後「黄金」と変わり、昭和初年に上級酒のみを、初めて「三千盛」と銘うち、今日の三千盛が誕生いたしました。
昭和30年代、甘口のお酒が時代の主流となり「からくち三千盛」は、たいへん苦難の時期を過ごしました。
当時の主人 水野高吉は、「甘口でなくては売れない」という周囲の声の中、理想の「からくち」を求めて精米歩合50%、日本酒度プラス10の、その頃ではたいへん珍しいすっきりとしたからくちの酒を造り「三千盛特級酒」として発売を致しました。
甘口の時代といえども日本全国より「からくち」を探し求めてやまない酒徒もいらっしゃいました。世の中広いようで狭いもので、偶然にも作家の永井龍男氏との出会いがこの酒のその後を大きく変えていきました。
永井龍男氏の推薦にて多くの方々に口にしていただく機会に恵まれ「三千盛でなければダメだ」という愛飲家が現れ、全国に点在する有名な料亭や寿司屋などにも置かれるようになっていったのです。

-



生産地

岐阜県

蔵 元

三千盛

容 量

1,800ml




旨み、酸味がしっかり溶け込んでいます。冷やではさらりとして軽快な口あたりながら、燗では旨みが湧き出し、味のふくらみを感じることができます。

Online Shop

Category

SHOPPING GUIDE

お支払い・送料等について

GIFT WRAPPING

ギフト包装・熨斗・ラッピングについて