2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
店休日
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
メルマガ登録・解除
 

ワイン

2000年、南仏ラングドックでのダール・エ・リボとの出会いから始まった
自然派ワインとの付き合いも早20年。
まだ自然派ワインという言葉に馴染みもない頃から
インポーターや造り手と積み重ねて来た熱い関係が今、
実りを迎えています。

ある年はどっしりとしたコク。
またある年はガス感がある。
常に同じようなバランスでまとまっているワインもありますが、
“その年にその土地でできたぶどうの味に忠実に、
 できるだけ造り込まない”ワインは、
体に染み込むようなおいしさがあり、
素材感のある料理にとてもよく合います。

同時に年々おもしろくなってきているのが日本のワイン。
伝統的なワインの産地山梨、新しい造り手がこぞって集まる北海道、など
各地の風土から生まれるワインもまたあたりまえに、
私たちの食卓によく馴染みます。