• FOLLOW US

とどろき酒店

マルセル・ラピエール レザンゴーロワ2018赤
マルセル・ラピエールは現在「自然派」と呼ばれるワインの礎を築いた人物であり、ボジョレーをはじめフランス各地で、彼の影響を受けた自然派生産者が活躍しています。中でも今やブルゴーニュを代表する醸造家の一人であるフィリップ パカレは、彼の甥。有機ぶどう、自然酵母の使用、補糖しない、濾過しない等の昔ながらの製法をかたくなに守り続けています。ガメイの持つイメージを覆すクリーンでピュアなぶどうの風味は多くの造り手にまで影響を与え、アランシャペル等の三つ星レストランにも選ばれるボージョレーの最高峰のひとりです。畑での労を惜しまず、情熱を捧げて素晴らしいワインを造り出すラピエールは「太陽の光と大地の力を液体に変える」と言われています。自然派ワインの大親分マルセル・ラピエールが2010年に亡くなりました。その人柄と醸造哲学から多くのワイン生産者に影響を与えた偉大な造り手。その後ドメーヌは息子のマチュー・ラピエールに受け継がれ変わらず魅力的なガメイをリリースしています。




生産地

フランス  ボージョレー

生産者

マルセル・ラピエール

容 量

750ml


ラピエールの地元の畑で造られるワイン。イチゴやキャンディーを思わせる新鮮な赤い果実の香り。
軽やかなタッチでスイスイ飲めますよ〜ん。
(ガメイ100%)

Online Shop

Category

SHOPPING GUIDE

お支払い・送料等について

GIFT WRAPPING

ギフト包装・熨斗・ラッピングについて