2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
店休日
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
店休日
メルマガ登録・解除
 

ドメーヌ・プティ・ロワ




2017年ブルゴーニュのショレイ・レ・ボーヌでドメーヌ・プティ・ロワを立ち上げた斉藤政一氏は、1982年中国生まれ。
幼少期は中国北部で育ち11歳で日本へ帰国。東京農工大在学中に、砂漠化の分析で中国を訪問した際、現地でブドウ栽培がおこなわれていたのを見てワインに興味を持ちます。

斉藤氏は、在学中から日本のワイナリーを巡るようになり、長野県の小布施ワイナリーで研修を開始、自然に本場のワイン造りを見たいという欲望が湧いてきます。

2006年に渡仏し、ブルゴーニュで本格的にワイン造りの勉強を開始すると同時に、著名なワイナリーでブドウ栽培と醸造の経験を積み始めます。ワインの勉強や仕事以外にも、ボーヌに「ラ・リュンヌ」という和食店を立ち上げ、さらにはワイン機材の輸出を手掛ける等、栽培と醸造の仕事をしながら2足3足のわらじをはき続けます。



ついに2016年にネゴシアンの「メゾン・プティ・ロワ」を立ち上げます。デビュー作となる「アルテス」はサヴォワの友人のブドウを買い、醸造所を借りて仕込んだキュヴェでした。

2017年に自社畑を持って「ドメーヌ・プティ・ロワ」を立ち上げ、ショレイ・レ・ボーヌの現在の醸造所へ。地下のカーヴを整え、隣接してる古い建物を工事して住居とし、奥様、娘さん2人の家族4人で生活をしています。


11歳で日本へ、22歳でフランスへ、33歳という若さでブルゴーニュでドメーヌを立ち上げた斎藤氏。「11年というサイクルで新たな挑戦が回ってくる人生なんですよね。」としみじみ語ります。

どこか中性的で風をまとっているような爽やかで淀みない雰囲気の彼の人間性はワインにも素直に表現されています。「日本人がブルゴーニュでワイン造り」という話題性よりも、ワインそれ自体が彼について如実に語ってくれています。
(インポーター資料より抜粋)