2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
店休日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
メルマガ登録・解除
 

山形正宗/水戸部酒造




1898年に創業された水戸部酒造。
お酒は、全て純米造りで、酒米は2004年から蔵が立地する天童市原町にて山田錦の自家栽培を開始。
2018年には農業生産法人「株式会社水戸部稲造」を設立(ちなみに「水戸部稲造」は杜氏である水戸部朝信氏のあだ名だそうです)。




2004年より、蔵が立地する天童市原町にて山田錦の自家栽培を開始。最初は約17a(510坪)と小さなスタートでしたがその後徐々に栽培面積が広がり、2018年には農業生産法人「株式会社水戸部稲造」を設立、2020年現在の面積は1,200a(36,000坪)にまで拡大しています。


水戸部朝信氏を中心に、「豊かな味わいとキレのある"酒の王道”」を追求しています。蔵の上流にある名刹「山寺」(やまでら)を源流とするミネラルを多く含んだ伏流水を仕込み水に使用し、全国の蔵元の中でも有数のかなり硬い部類の水により「銘刀の切れ味」と表現される、名前の通りシャープで硬質なフィニッシュを特徴とするお酒が生み出されています。