2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
店休日
2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
メルマガ登録・解除
 

アレクサンドル・バン




サンセールからロワール川を渡り、プイィ・フュメの丘に向かう途中に、「ドメーヌ・アレクサンドル・バン」があります。
彼は1977年生まれ、子供の頃、サンセールにある祖父の家の近くに移り住んだ時、農業をしていた祖父を見て興味を持ち、農業学校に進みました。農業とは関係のない仕事をしていた父が自然派ワインのファンであった事から、ワイン造りに興味を持ち、卒業後にブルゴーニュや南仏を始め、カリフォルニアのワイナリーでも研修を積み、メヌトゥー・サロンの「ドメーヌ・アンリ・プレ」で醸造長を務めた後、2007年に畑を購入して独立しました。

5haほどの広さから始めたワイン造りも現在は11haほどの広さになり、中生代ジュラ紀後期の地層であるキンメリジャンやポルトランディアン土壌を備えた畑から印象的な味わいのワインを生み出しています。

アレクサンドル・バンがワイン造りの地として選んだプイィ・フュメやサンセールは、ソーヴィニヨンブランの銘醸地としてフランス内でも名を馳せるワイン産地です。

しかし、その著名さ故にブルゴーニュ地方のシャブリ地区と同様に、サンセールやプイィ・フュメという強力なブランドが真摯なマーケティングや品質追求を不要とし、ある程度のクオリティであれば販売に困らないという状況が、この地の生産者の多くを保守的な思考に走らせていると言う構造的な問題を抱えています。

そんな中に登場した2人の異端児、サンセールのセバスチャン・リフォーとプイィ・フュメのアレクサンドル・バン。
「生真面目なやんちゃ坊主」という印象のセバスチャン・リフォーと、「冷静でありながら熱く闘志を燃やす」アレクサンドル・バン。公私ともに仲の良い2人は、毎日のようにワイン片手に語り合うそうです。2人に共通するのは、完熟したソーヴィニヨンブランで造るというスタイル。

一般的な醸造学校では、ソーヴィニヨンブランにおけるワイン造りのセオリーとして、早い収穫や収量をある程度多くすることなどを教わると言います。しかし、他の産地に目を向けるとブドウのバランスの良い成熟度は、黒ブドウや白ブドウを問わずに重要視されており、なぜソーヴィニヨンブランだけが青くて酸っぱい状態で収穫しなくてはならないのか、という疑問が彼らの原点となりました。
本当のプイィ・フュメ、本当のサンセールは、よりピュアなワイン造りから生まれる。そう信じた彼らは、周囲の保守的な人々の懸念をよそに自分たちのワイン造りを突き進みます。

畑で除草剤や殺虫剤、化学肥料などの化学物質を用いずにビオロジックやビオディナミによる手法でブドウを栽培、収量を制限し粒が小さくエキス分の凝縮させ、収穫時期を遅らせて完熟しつつもバランスの良い酸を備えたブドウにします。そのため、一部のブドウにボトリチス菌(貴腐菌)が付くこともありますが、その貴腐菌がついたブドウも含めて収穫し、濃密な果実味と品の良い酸、繊細なミネラル感を備えた従来のソーヴィニヨンブランやプイィ・フュメの概念を超えたワインを生み出しています。
(インポーター資料より抜粋)