2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
店休日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
店休日
メルマガ登録・解除
 

シャヴィ・シュエ




ドメーヌ・シャヴィ・シュエは、ムルソー村に本拠地を構える家族経営の生産者。栽培農家としては7代目に当たるシャヴィ・シュエ家ですが、長い間収穫した葡萄はネゴシアンへと売却されており、ドメーヌ元詰が始まったのは1982年から。その後畑を拡充し、現当主ロマリックが参画してからは、ドメーヌ元詰がメインになります。



現当主のロマリックは幼少の頃からワイン造りの道を目指しており、12歳にしてボーヌの醸造学校に通う傍ら、自身の代父でもあったフランソワ・ミクルスキで6年間働きます。

その後も南アフリカ、スペイン、ギリシャなど世界各地でワイン造りを学び、2005年からドメーヌ運営に参加。2006年に22歳で当主に就任。ビオロジックで栽培をしており、ピュリニー村にも優れた区画を所有し、そのポテンシャルは抜群。今後更に注目を集める期待の生産者です。


ロマリックは白ワインと赤ワインに求める理想像について次のように表現しています。

白は、純度、エレガンス、ミネラル、フレッシュ、緻密。
赤は、ストラクチャー、フィネス、フルーティー、芯に秘めた力強さ。

彼らのワインを飲めば、その言葉の意味を理解する事が出来るでしょう。
(インポーター資料より抜粋)