2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
店休日
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店休日
メルマガ登録・解除
 

カプリアード




現オーナーパスカル・ポテールがワインづくりの世界に入る以前は、ル・マンにある大型惣菜雑貨屋のワイン売り担当として働いていました。以前からワインづくりに興味を抱いていたパスカルは、1995年に惣菜雑貨屋を辞め、ジャニエールで当時ヴィニュロンで旧友でもあったニコラ・ルナールと一緒に畑を借りてドメーヌを立ち上げます。

1997年の終わりに畑所有者と折り合いがつかなくなった彼らは、翌年の1998年にヴヴレーに移り、当時ポニアトウスキー公爵が所有していたクロ・ボードアンの畑に醸造栽培責任者として迎え入れられます。2001年にニコラ・ルナールがクロ・ボードアンを辞めルメール・フルニエに移った翌年、パスカル・ポテールもドメーヌを去ることに。

2002年から新井順子氏のドメーヌ・ボワルカで醸造栽培責任者として働き、それと平行して彼自らも2003年から1.5haの畑と醸造所を手に入れワインをつくり始めます。2005年にボワルカを退職後、正式にドメーヌ・レ・カプリアードを立ち上げ。2005年から季節労働者とし て毎年収穫等に参加したモーズ・ガドゥッシュが2010年本格的にドメーヌのメンバーに。そして2011年9月、モーズ・ガドゥッシュと共に共同経営として、ドメーヌとネゴシアンも兼ね備えた新生レ・カプリアードを立ち上げ現在に至ります。


現在パスカル・ポテールは2.5haの畑を自ら1人で、そして5.6ha分のワインの醸造をモーズ・ガドゥッシュと2人で管理しています。彼らの所有するブドウ品種はシャルドネ、シュナン、ムニュピノ、ガメイ、コーの5種類がドメーヌ、ネゴシアンを合わせるとソーヴィニヨンブラン、カベルネフランと合計7つの品種でワインをつくっています。仕事は基本的には分担制で、パスカルが栽培から醸造まで全責任を負い、モーズは醸造の手伝い、その他ワインのコマーシャル、会計、書類関係全てを担当しています。

彼は一切ワインの学校に通っておらず、ワインづくりの基本は全て実践と独学で習得。教科書にとらわれない自由な発想を持ちながらも、基礎はしっかりと押さえている彼のワインスタイルは、繊細で地味ながらも味わいに独特な個性があることから、特にワイン生産者やカーヴィストなどその道のプロの評価が高い。ペティアン・ナチュレルに至っては、ティエリ・ピュズラやミッシェル・オジェをはじめ多くの大御所ヴィニュロンが、彼につくり方のアドバイスを請うほど完成度が高く定評があります。

多くの造り手に影響を受け、そして自らも影響を与えながら独自のワインを造り続けています。(インポーター資料より抜粋)


.