2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
店休日
2021年 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
店休日
メルマガ登録・解除
 

杜谷/ぶんご銘醸




「ぶんご銘酸」がある佐伯市は大分県の南部に位置する豊かな自然に惠まれた地域です。当社は明治43年に佐伯市本匠で清酒を製造する「狩生酒造場」として創業しました。
大分県はもともと清酒の製造が盛んな地域でしたが、当社ではその後清酒に変わって焼酎ブームが到来した影響で主力製品が清酒から焼酎にシフトしました。




焼酎造りにおいて使用する麦は、地元の農家に麦の作付を依頼し、生産した麦を全量買取し原料に使用します。
地元の水、原料となる農産物、気候風土、地域との深い信頼関係がうまく絡み合い、そして作り手である蔵人たちの手によって、この伝統文化産業である酒造りは後世にまで受け継がれていきます。


地元との関係が希薄になりつつある昨今、関係をより密にして、地域のものを地域の人と共に創り上げていくことが必要ではないか。
酒造りは地元に根差し、地域と共に生きていく伝統文化産業。佐伯の土から生まれた農作物、清流番匠川の水、そして先人によって古くから伝えられている文化。そういった佐伯ならではの風土を反映した清酒・焼酎造りをしていきたいと考えているそうです。