2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
店休日
店休日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
店休日
メルマガ登録・解除
 

天草・池の露/天草酒造




北鹿児島の外れ、牛深からフェリーで天草に渡り約1時間ほど車を走らせると山間いに小さな漁村が目に入ります。その真ん中に米・芋・麦焼酎を手がける天草唯一の酒造蔵、天草酒造があります。蔵の周りにはゆったりとした時間が流れています。




芋焼酎蔵として創業したものの、昭和後期の減圧米焼酎ブームの影響で一時は、米・麦の焼酎蔵に。大学を卒業後帰郷し、4代目となった平下豊さんは、創業時の芋焼酎「池の露」の復刻に踏み切りました。7年の構想を経て専用蔵を新設し、父が「芋焼酎復活のときのために」と保存しておいた創業当時の和釜を埋設しました。


自社栽培芋を、自社栽培米の手麹で醸したその芋焼酎は、ふくよかな甘みと深いコクを感じるもの。平下さんは「ちいさな蔵だからこそできるものを」と、兜式蒸留器で一滴一滴抽出するチンタラ製法にも挑戦。まろやかな口当たりと米の甘みを楽しむ米焼酎や、長期熟成させた古酒など、多彩な焼酎を生み出しています。