2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
店休日
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店休日
メルマガ登録・解除
 

ローラン・サイヤール

.


現オーナーであるローラン・サイヤールは1991年、20歳の時にリヨンにあるポール・ボキューズの専門学校でホテル・レストランのマネージメントを3年間学んでいました。以前から海外で働きたいと思っていた彼は、専門学校を卒業後1年の徴兵を経て、1995年新天地ニューヨークへと旅立ちます。

ニューヨークでは、ブルックリンにあるレストランThe Bountyで3年働き、1998年マンハッタンにあるビストロBalthazarで5年間ホールマネージャーとして働いていました。この頃、ブルックリンで360というビストロを経営していた友人から自然派ワインを紹介され、次第にヴァンナチュールの世界にはまりこんでいきます。2004年、満を持して、ニューヨークで最初に自然派ワインだけをリストにそろえたレストランICIを立ち上げ。ビオのローカルな食材と自然派ワインにこだわったレストランは瞬く間に反響を得る一方で、家庭との両立が次第にうまく行かなくなり、2008年には妻にレストラン経営を譲り、ニューヨークを後にします。

フランスに戻ってからは、ティエリ・ピュズラを介してビストロLʼHerbe Rougeで2週間ほど働き、その間にノエラ・モランタンと出会います。その後はノエラ・モランタンとクロロッシュ・ブランシュの両方を手伝いながら、ゼロから畑とワインづくりを学び、2012年ノエラから買ったブドウで仕込んだ自身初のオリジナルワインをリリース。翌年の2013年、ノエラの畑2haを譲り受け自らのドメーヌを立ち上げます。そして2015年クロロッシュの引退後の畑の半分4.5haの管理を引き受け現在に至ります。


現在ローラン・サイヤールは6.5haの畑を1人で管理しています。彼の所有するブドウ品種はソーヴィニヨンブラン、ガメイ、ピノドニスの3種類で、樹齢は30〜60年。ブドウの栽培はクロロッシュから学び、さらに独自にビオディナミも取り入れています。また、醸造はノエラから学び、彼女同様に教科書にとらわれない「フィーリング」を大切にしています。出来上がるワインを想像しながら、マセラシオンの方法、期間、醗酵、スーティラージュ、熟成方法等、全てテイスティングを通して臨機応変に対応していきます。

彼のモットーは「感性を生かしたシンプルで美しい仕事」。性格的に投げやりなことが嫌いというローランは、一度仕事を始めると最後まで黙々と丁寧に作業をこなしていきます。彼の仕事の姿勢は他のヴィニュロン達の間でも定評があり、ワイン生産者としては新人ながら、多くのビニュロンから絶大な信頼を得ています。

仕事以外の趣味はキノコ狩りと料理。季節の素材にこだわったシンプルな料理を得意とし、今はただ料理することだけでは飽き足らず、趣味が高じて、小規模ながら自分で野菜や果物、養蜂、鶏、豚などを育てながら半分自給自足のような生活を行っています。また、彼はアメリカに住む二児の父親で、趣味以外では、数ヶ月に一度ニューヨークにとんぼ返りし、愛する息子たちと一緒に過ごすことを何よりの喜びとしているそうです。(インポーター資料より抜粋)