2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
店休日
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
店休日
メルマガ登録・解除
 

ノエラ・モランタン




現オーナーであるノエラ・モランタンがドメーヌを立ち上げたのは2008年。学生時代にナントの職業技術短大(DUT)でマーケティングを学んだ彼女は卒業後、マーケティング関係の会社に入社。当時は、毎日デスクワークに明け暮れるようなワインとは全く無関係の仕事に従事していた。

2000年、齢30に差し掛かっていた彼女 は「自分の本当の仕事はデスクワークではない!何かダイナミックなことがしたい!」と、以前から気になっていたワインづくりに興味を抱く。


2001年、30歳を機に会社を辞めてすぐにミュスカデにあるワインの学校で醸造と栽培を学び始める。また、学校に通いながら、同時にアニエス・エ・ルネ・モスのドメーヌで2年間実地研修をこなす。(この時に、自然派ワインの洗礼を受ける。)

学校を卒業後、2003年の秋にはフィリップ・パカレのところで収穫、その後マルク・ペノのところで翌年の4月まで醸造と剪定を手伝う。そして、2004年5月、ドメーヌ・ボワルカの醸造栽培責任者として働き始める。2008年5月晴れてドメーヌ・ノエラ・モランタンを立ち上げ現在に至る。


現在ノエラ・モランタンは8.5haの畑を2人で管理している。彼女の所有するブドウ品種は、ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ、ガメイ、カベルネソーヴィニヨン、コーで、樹齢は若いもので10~20年。平均樹齢が40年で、古樹のコーは樹齢が60年に達する。

彼女がワイン造りで最も大切にしていることは「フィーリング」。栽培・醸造の基礎はもちろん押さえつつ、そこからさらに幅を広げて、教科書にとらわれない自由な発想と感性を生かしたワイン造りを心がける。

ブドウの栽培に一部ビオディナミを取り入れたり、畑が疲れていると感じた時 はfleur de Bachというホメオパシーのひとつを散布するなど、常に現場に出てブドウの状態を観察しながらその場に適した対処を施し、また、醸造はマセラシオンの方法、期間、醗酵、スーティラージュ、熟成方法等、全てテイスティングを通して臨機応変に対応していく。
常に出来上がるワインを想像し、そのイメージに沿って柔軟に対応し、彼女独自の個性をワインに反映する。ドメーヌの立ち上げ2年目で、すでに彼女のワインはパリのカーヴ・オジェをはじめ、フランス、ベルギーの多くのカヴィストから独自のスタイルがあると高い評価を得ている。
(インポーター資料より抜粋)