2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
店休日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
メルマガ登録・解除
 

山の壽 / 山の壽酒造




文政元年(1818年)創業。昔から氾濫の多い筑後川によって、とても肥沃な土地柄で、もともとは米・野菜などを作っていました。
しかし冬は農作物が出来ない為、造り酒屋をしようと江戸時代末期に創業しました。以前はいわゆる普通酒を作っており、鑑評会に出品するものに「山の壽」の名前を使っていたそう。




山の壽酒造は八代目当主の片山郁代さんが蔵に戻ってきてから、「全ての銘柄が鑑評会に出品できるクオリティーのものを作ろう!」という意気込みのもと「山の壽」の名前を使用するようになりました。

従来の杜氏制からチームでの酒造りへ体制を変え、作業工程を数値データとして記録するすることで翌年の造りに活かしています。


”宗像市に構える福島農園さんが育てた宗像育ちの無農薬山田錦を使い、お酒を醸す”という『山の壽 宗像日本酒プロジェクト』や、分かり易く・飲みやすく・フレッシュなガス感を感じてもらえる生酒の製法の開発など、毎年新しい試みを積極的に行っているエネルギー溢れる酒蔵です。

「ようやく山の壽と呼べる日本酒のクオリティーに近づいてきたかな〜」と片山さんはチャーミングに笑ってくれます。