2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
店休日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
メルマガ登録・解除
 

不二才・晴耕雨読/佐多宗二商店




焼酎は、世界のスタンダードを目指せる。そう確信できるようになったのは、焼酎の歴史を振り返り、解釈することがきっかけだったそうです。
芋焼酎造りに欠かせない要素に、発酵技術としての「麹」「酵母」、原料の「芋」、そして成分を分離・濃縮する「蒸留」があります。「麹」「酵母」と「芋」については、古くから現在に至るまで、幾度となく焦点をあてられてきました。対して、ヨーロッパから伝わった「蒸留」に関しては、なかなか目を向けられることはありませんでした。




焼酎造りでは「直接蒸留」が当然だったところに、「間接蒸留」の手法を取り込みました。
その蒸留機で造る芋焼酎は、もろみの香りがダイレクトに出て、驚きと感動を与える味わいに。「蒸留機の違いで、新しい焼酎ができる」と実感できる仕上がりとなりました。


最高の芋を届けてくれる農家さんを見つけ、良質な米を探してきました。麹・酵母にもこだわり、そのこだわりが強すぎて、大変な覚悟のもと新たな蔵「赤屋根」を建てるまでに至りました。
蔵人たちをかき立てるのは、「焼酎をもっと楽しんでいただきたい」というただ一つの思い。その思いをかなえるために、蔵人一丸となり、技術や知識を高めあい、日々焼酎造りに取り組んでいます。
  • 不二才 25° 18,00ml

    不二才 25° 18,00ml

    2,670円(税込)

  • 不二才 25° 720ml

    不二才 25° 720ml

    1,408円(税込)

  • 刀 25° 720ml

    刀 25° 720ml

    1,554円(税込)

  • 刀 25° 1,800ml

    刀 25° 1,800ml

    2,939円(税込)