2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
店休日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
メルマガ登録・解除
 

明るい農村/霧島町蒸留所




創業明治44年(1911年)。日本で最初の国立公園に指定された霧島のふもと、この大自然に囲まれた地に、蔵はあります。蔵の名は、2005年11月7日の霧島市への市町村合併でなくなってしまった「霧島町」の地名を残したいと、霧島町蒸留所という社名に変更したそう。




創業(明治44年)からずっと受け継がれてきた貴重な日本製の和がめで、かめ壺で仕込むことで、焼酎の元となるもろみはゆっくりと発酵し、やわらかな風味をはぐくみます。


蔵で使う水のすべては、地下105mからのミネラル豊富な天然水(地下水・中硬水)。1000m級の霧島連山の大地のフィルターによって、磨き清められた、おいしい水で焼酎を仕込むことで焼酎がさらにまろやかになります。