2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
店休日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
店休日
メルマガ登録・解除
 

フランク・マサール




ウェリャスのオーナであるフランク・マサールは、1991年にフランスのソミュールにあるソムリエスクールを卒業し、その後1992年〜93年までドイツでソムリエとして働く。その間、同時にマスターオブワインの登⻯門WSET(Wine&Spirit Education Trust)の試験を受けHigher Certificateの資格を取る。

1993年の秋にイギリスに渡り、ミューミルトンにあるChewton glen hotelで、イギリストップのソムリエ、ジェラルド・バセット氏と一緒に働く。1996年に働き先をヨークシャーに移し、この年にイギリスのソムリエ選手権に参加し優勝を勝ち得る。1997年にロンドンのレストランolleryから引き合いがあり、そこでシェフソムリエとして働く。



1998年にはWSET 認定のディプロムを取得し、単にソムリエだけでなく確実にコンサルタントとしての力もつけていく。

2000年4月にスペインの某ワインメーカーからお呼びがかかり、現在は某社のワインコーディネータを兼任しつつ、2004年に手に入れたブドウ畑でワインづくりをスタートする。

現在、フランクは0.8haの畑を1人で管理している。(繁忙期は季節労働者が1人手伝う。)彼の所有するブドウ品種は、カリニャン、グルナッシュ、カベルネソーヴィニヨンの3品種で、樹齢は12年〜50年。現在ビオロジックの認証はないが、彼自身栽培から醸造まで限りなく自然にこだわる。

マルチな才能を持つ彼は、一方でトーレスのワインコーディネーターとして世界中を飛び回る顔を持ち、また一方で、スペインワインのネゴシアン、ワインメーカー、そしてその忙しい合間を経てマスターオブワインの勉強と4つのタスクを同時にパーフェクトにこなしている。今、最もマスターオブワインに近いビニュロンのひとりとして注目だ!
(インポーター資料より抜粋)