2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
店休日
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店休日
メルマガ登録・解除
 

ノー・コントロール

.


オーナーのヴァンサン・マリーは、ノルマンディーのカーン出身で、ワイナリーの家系ではなく、またオーヴェルニュとは全く無縁でしたが、畑の価格条件が良く、ピノノワール、シャルドネ、古樹のガメイ・ド・オーヴェルニュといった魅力的な品種があること、またあこがれのラ・ボエムやピエール・ボージェのワイン産地であることから、この地を選びドメーヌをはじめました。

彼が最初にヴァンナチュールを知るきっかけとなったのは大学時代、スポーツ経営学を学ぶ傍ら、個人的な趣味で2001年からワインスクールに通い始めた時のことだったそう。偶然門を叩いたワインスクールが、たまたまヴァンナチュールに特化した授業カリキュラムだったという全くの偶然を機に、彼はどんどんヴァンナチュールの虜になっていきます。

2004年に大学を卒業し、大手スポーツ用品の会社に就職をするも、ワインスクールは継続して通い続けた。そして、2005年彼はワイン仲間を募ってカーンで小さなワインサロンを立ち上げます。このワインサロンは2008年まで続け、ここでたくさんのヴァンナチュール生産者と直接知り合うきっかけをつかみました。

当時彼はスポーツ用品の営業マンでしたが、次第にワインづくりに興味を持ち始めます。この時期彼は、より深くヴァンナチュールを学ぶために、 余暇のほとんどを生産者訪問に費やしていました。そして、ついに2012年、ワイン生産者になる決意を固め、8年間働いた会社を退職します。会社を辞めてすぐに半年間ジェラール・シュレールで研修を行い、さらに半年間ジュリアン・メイエーでの研修を経て2013年、オーヴェルニュで2haブドウ畑を所有し、ノー・コントロ ールを立ち上げました。


ヴァンサン・マリーは5haの畑を一人で管理している(忙しい時は家族が手伝うそう)。彼の所有するブドウ品種は、ガメイ、ピノノワール、シラー、シャルドネの4種類で、樹齢は12年の若木から110年の古樹まで幅が広い。また、彼自身、アルザスやロワールにゆかりがあることから、近い将来、シルヴァネールやピノオーセロワ、リースリング、ソーヴィニョンブラン、シュナンなど植樹する予定でいるそう。

彼のモットーは「自由な発想で、極上のヴァン・ヴィヴァンをつくる!」ことで、基本SO2無添加、ノンフィ ルターだが、そこも決して型にとらわれずに、生き生きとして、美味しさが弾けるようなワインを目指しています。趣味は、トレイルランニングとサイクリング。サイクリングに関しては、かつてフランス代表候補に選ばれたり、プロサイクリストとしてスカウトされるほどの実力を持っているそうです。インポーター資料より抜粋)