2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
メルマガ登録・解除
 

ジョン・アルマンサ




もともとワイン造りになんて興味が無かったと語るジョン・アルマンサは新たに自然派ワイン造りに挑戦するニューフェイスの一人。

2003年にラングドックでワイン造りに取り組むロック・ダングラードのレミ・ペドレノ氏と出会い、彼のもとでのブドウ栽培の補助を通じて、自然環境やテロワールへの愛情、ビオディナミへの好奇心、ワイン造りの情熱を抱くようになります。



翌年の1997年は、マルセル・ダイス、ジェラール・シュレール、トリンバッハ等が集まるビオディナミの勉強会へ参加し、それ以降畑の農法にビオディナミを取り入れることとなる。

1999年、父の完全な引退と同時にドメーヌ・ガングランジェを起ち上げ、自らのワインを作り始める。同年、エコセールの認証、そして、2001年にデメテールの認証を取得し現在に至る。


ワイン造りへのきっかけは、レミ・ペドレノ氏の存在でしたが、実際のワイン造りの師となったのは、フィリップ・ピバロ氏でした。ジョン・アルマンサが、ちょうど畑を手に入れたタイミングで出会い、自然派ワイン造りの道を歩み始めます。

その他にも近隣のエリック・ピュフェリン(ラングロール)やアクセル・プリュファー(ル・トン・デ・スリーズ)、アラン・アリエ(ムレシップ)、ヴァランタン・ヴァルスなどからも大好きな仲間として多くを学び、自身のワイン造りへと反映させていきます。
(インポーター資料より抜粋)