2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
店休日
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
店休日
メルマガ登録・解除
 

八海山/八海醸造




八海山の酒質を決める根幹は、目標品質の共有です。一年で最も酒づくりに適した厳冬期に、考えうる最高の素材を贅沢に使い、最良の人材が持てる力をすべて注ぎ込み、販売されることのない「特別な酒」をつくります。それは八海山の志の象徴として、その味と品質と技術を蔵人ひとり一人の心に刻みつけるための「理想の酒」。八海山のすべての酒が目指すのは、この「特別な酒」です。




八海醸造の蔵がある南魚沼は、日本屈指の豪雪地帯。低温多湿な冬の気候や、八海山の伏流水である“雷電様の清水”の極軟水、雪国が育んだ生真面目な魚沼人気質、そして越後杜氏の伝統と、酒づくりにはこの上ない土地柄です。ここを訪れた 或る酒造家は「神さまが酒をつくるためにつくったような場所だな」という言葉を残したそうです。


現代に至っても機械にはできず、人にしかできないことがまだあります。たとえば「櫂入れ」。機械で攪拌することはできても、もろみと対話するように調整し管理することは、人の手でしかできません。そして「麹づくり」。八海醸造のすべての酒で用いられる麹は、人の手でしかつくり出すことができないのです。