2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
店休日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
メルマガ登録・解除
 

シャトー・ド・プラド




シャトー・ド・プラドは、フルニエ家3代に渡って続く生粋のビオロジックブドウ栽培農家で、現オーナーのベ ルナール・フルニエは、幼少の頃から常にビオやナチュラルなもの(たとえば食べ物や動物)に囲まれた環境で育った。

父イスネル・フルニエを最も敬愛する彼は、幼い頃からすでにワインづくりに興味を抱き、父のあとを継ぐことを決意する。1972年高校を卒業してすぐにジロンド県にあるワイン学校(BEP)で学び、同時に彼の父の所有する畑の仕事を手伝いながらワインに関わる様々な経験を積んでいく。


1989年、実質父に代わり経営を任されていたベルナールは、ワイナリーを「シャトー・ド・プラド」として正式にシャトー登録し、本格的なワインづくりに取り組む。
そして、2001年、父のヴィニュロン引退を機に、20haあった畑を弟のアランと兄弟で分け合い、ベルナールはそのうちの12haの畑と醸造所を譲り受ける。同時にその年の2月、彼は1ha分の畑を新たに購入。計13haの畑とシャトーを引継ぎ現在に至る。

彼の所有するブドウ品種は、メルロー、カベルネフラン、カベルネソービニヨン、そしてセミヨンの4品種で、樹齢は20〜30年。

品質にこだわったコストパフォーマンスの高いワインを造ることが彼のモットーで、フランスワインの生産コストが年々上昇する中、彼は20年間ワインの価格を一切変えていない。まわりのヴィニュロンが経費削減などの理由で、機械収穫に変えたり、農薬の散布を許しても、彼は逆に、ワインの品質を落とさないよう頑なにビオ農法と手摘み収穫にこだわる。

ワインの醸造もSO2の添加を極力避け、ブドウそのものの美味しさが分かるよりナチュラルなスタイルのワインを追求する。まさに手作りの味をリーズナブルに伝える、ボルドーでは非常に珍しい職人気質のヴィニュロンだ。
(インポーター資料より抜粋)