2021年 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
店休日
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
メルマガ登録・解除
 

日高見/平孝酒造




創業は江戸時代の文久元年(1861年)。蔵のある石巻は太平洋と北東北を縦断する北上川の河口に開けた土地にあります。明治時代から金華山沖漁場を背景に漁業のまちとして栄え、現在も、金華山沖は世界三大漁場の一つに数えられており、かつお・いわし・さばなどの水産資源の宝庫となっています。




「日高見」の由来は、日本書記の中に「土地沃壌えて広し」と記されているように、その昔太陽の恵みを受ける国「日高見国」と称えられ、その中央を流れる川「日高見川」(現在の北上川)のように,郷土と深い関わりを持てるようにと命名されたそうです。


鮨王子と呼ばれるくらい鮨好きな社長の平井孝浩さんは「魚でやるなら日高見だっちゃ。」をモットーに日本酒と鮨の相性を全国に広める事を目標にされています。