2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
店休日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
メルマガ登録・解除
 

デ・トゥール




シャトー・ヌフ・デュ・パプ最高の造り手と言えば、そう尋ねた際に多くの人がその名を挙げるであろう造り手がシャトー・ラヤス。10数種類もの品種を混醸することが認められているシャトー・ヌフ・デュ・パプにあってグルナッシュ100%で、しかも自然酵母のみで発酵させたワインを造り上げるという稀有な造り手であり、と同時に尋常ではないほどの労力と信念を持ってワイン造りにあたっているプロフェッショナルです。



そのシャトー・ラヤスの現在のオーナーであり栽培・醸造に献身的なまでに身を捧げているのが、エマニュエル・レイノー。

エマニュエル・レイノー氏は、1997年に惜しまれつつこの世をさったジャック・レイノー氏の甥にあたり、偉大な先代がそうであったように気難しい性格であると噂されています。


その為彼に会う事自体も難しく、会えたとしても愛想が無い対応となることもしばしばと言われます。

しかしその実は、「畑に立ち、仕事をする時間」が惜しいがため、1秒たりとも時間を無駄にしたくないという生粋のブドウ生産者が故の行動なのです。レイノー氏は、並々ならぬ想いをもって畑での仕事に集中しているため、それ以外の世事に惑わされるのを嫌います。まさに職人気質のワイン生産者なのです。


そのレイノー氏が、シャトー・ラヤスに求められるクオリティと同レベルの労力を費やしてワイン造りを行っているのが、シャトー・デ・トゥールでありドメーヌ・デ・トゥールです。

これらのブランドの畑は、以前からエマニュエル・レイノー氏が所有していた区画から生み出され、その多くは彼の自宅近くにあると言います。
シャトー・ラヤスに要求される数々の厳しい仕事と同レベルの労力を注ぎ込み、カジュアルなワインを生産するというその姿勢は、まさに常軌を逸した姿にさえ映ります。

デ・トゥールのワインは、カジュアルなクラスとは言えどもその品質は侮れません。どのワインも十分にセラーでの熟成を経てリリースされるため、通常この地域の他の生産者と比べるとヴィンテージが1-3年古く、当然味わいもバランスの取れたものになります。その一方で、リリース直後も熟成を続ける高いポテンシャルを秘めており、たとえベーシックなクラスのワインであっても10年以上も容易に熟成し、素晴らしい味わいを獲得します。
(インポーター資料より抜粋)