2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
店休日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
店休日
メルマガ登録・解除
 

ポール・バール




「彼はどこにいってもトラブルメーカーなんだ。ボルドーのワインビジネスの常識やシステムにしょっちゅう反発して問題を起こすからね。」とは、このポール・バールのような自然派スタイルのボルドーワインを紹介してくれているネゴシアンの言葉です。

近年ボルドー地方では、有機栽培を採用するトップシャトーが増えてきたとは言え、ポール・バールのように自然酵母での発酵にこだわり、「安定」ではなく「純粋な魅力」の表現にこだわる生産者は未だ異端者です。この地の常識や慣習といったしがらみが、彼の自由な発想を縛りつけようと圧力をかけてきますが、ポール・バールはその圧力に屈することなく、自身の信じるワイン造りへの挑戦を続け、前に進み続けます。


「何のためにワインを造っているかといえば、それは自由のためだ。自由は智慧と繋がっていて、自分に問いかけ、考えを深めていくほどに自由になる。考え続けて、少し前に進むことができれば幸せを感じるし、より良いワインで飲む人を幸せにすることができればまた幸せだ。そして最終的にシステムの呪縛から抜けだすことができれば幸せなんだ。」

ボルドーというしがらみで固められたワイン産地のなかで、「自由」を求めて自然なワイン造りに挑戦するポール・バール。固定概念からの自由、システムからの自由を追求し、飲み手に幸せをもたらすワインを造りたいと強く願っています。


ポール・バールは1974年にフロンサックの地でワイン造りをスタートさせ、自身の畑を取得していく中でルドルフ・シュタイナーの哲学に傾倒し、1990年からビオディナミ農法による栽培に舵をきります。

ボルドーという保守的なワイン産地においてのこの決断は、当時非常に挑戦的であったと言えるでしょう。

畑やブドウの魅力を最大限に引き出すために、畑仕事を積み重ね、収穫の際には徹底的な選果を行なってエキス分の豊かなブドウの栽培を心がけます。また栽培のみならず、醸造においても自然酵母による発酵を行い、清澄やろ過とった作業を行わないピュアなワイン造りを信条としています。

これはまさに自然派ボルドーと言えるスタイルですが、風味は非常に堅実なもので、安定感や安心感のあるバランスの良い仕上がりとなっていて、ボルドーらしい風格と自然派らしい飲み心地を兼ね備えたワインが生み出されます。
(インポーター資料より抜粋)