2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
店休日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
メルマガ登録・解除
 

十旭日/旭日酒造




出雲神話で有名な島根県出雲市に蔵を構える旭日酒造は、もともと個人商店を営んでおり、酒造りは明治2年に創業したそうです。当時の銘柄は「白雪」でしたが、「十旭日(じゅうじあさひ)」へと改名し現在に至ります。神話で表すように長い歴史の続く出雲の地では昔ながらの建物が多く、旭日酒造も大正15年に建てられた歴史を感じられる土壁造りの風情ある酒蔵。昨今の最新の機器や設備を極力控え、自然素材の道具と地元米、微生物の対話から生まれる酒造りを大切にし、受け継いできた伝統技術で酒造りを行っています。




旭日酒造の代表銘柄「十旭日」とは、明治40年に後の大正天皇が山陰地方を巡幸で訪れた際、侍徒長だった木戸孝正(別名 桂小五郎)に献上したお酒が「天下一の美酒なり」と称賛され、「旭日」の揮毫を受け、さらに7代目当主が能勢の妙見山を信仰しいた為、「切竹矢筈十字」のお守りの紋章から十字を取り、「十旭日」となったそうです。桂小五郎といえば、別の熟成酒蔵でもお酒を飲んだ逸話のある人物、無類の吞兵衛だったんでしょうね。特に熟成酒の。


十旭日の特徴は、熟成を経過させることで類のないコクと奥深さを育むこと。原料であるお米から吟味し酒本来の味わいはできるだけ残すという信念のもと、とことん品質にこだわった酒造りに徹しています。独特の芳醇な味わいのある酒は飲みやすく柔らかさに包まれており、食事との素晴らしい相性をみせてくれます。お燗や常温で旨みが広がり、抜栓後に次第にほぐれていく旨味もまた面白さの一つ。自分の好きな温度帯や飲み頃を探しながらチビチビ飲む、長く付き合いたくなるお酒です。