2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
店休日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
メルマガ登録・解除
 

秋鹿/秋鹿酒造




個性的な味わいを光らせる銘柄「秋鹿」を醸す秋鹿酒造は、大阪府能勢(のせ)に明治19年(1886年)に創業。
大阪市内から北へ1時間ほど車を走らせると街並みから次第に奥深い山里へと風景が様変わり。その自然豊かな山間と町内標高が200m〜500mほどの高さに位置することから「大阪のチベット」と称されることがあるそうです。


秋鹿酒造を語るうえで外せない「一貫造り(いっかんづくり)」。この一貫造りとは、原料となる米を作ることから、お酒を醸造するまでを一貫して行うお酒造りのこと。原料となるお米を自分たちで手掛けることでお米の個性が見え、その土地の風土をお酒に表現出来るのだそうです。

現在醸されているお酒達は、蔵のまわりの豊かな自然の中で作られる自営田と契約農家の山田錦を中心に、全ての酒を一貫純米造りで仕込みます。蔵には酒蔵とは別に、農機蔵なるものまであります。大型のトラクターや耕耘機、大型の乾燥機などなど農家顔負けな規模。代表の奥裕明さんも「農家なのか造り酒蔵なのか分からなくなってきたよ」とニンマリ顔。秋鹿酒造の個性の原点を垣間見れました。
秋鹿の特徴は一貫造りで育てたお米本来のふくよかな旨味を前面に出しつつ、キリッとした酸が酒の味を引き締めていること。この存在感ある酸がシャープなキレ味を生み出し、そして何より料理の味わいを引き立てます。ボリューム感あるきれいな旨口の酒なので、合わせる料理の幅が広く、濃い味付けの料理までしっかりと受け止めてくれます。

冷やしてはもちろん、ぬる燗から熱燗まで楽しめる懐の広さはまるで奥さんの人柄を表しているかのよう。この銘柄「秋鹿」とは、初代の「奥鹿之助」の「鹿」の字と、実りの「秋」から命名されたそうです。様々な食材や料理に溢れる今日、より実り豊かな食卓へと誘ってくれる魅惑のお酒です。


>>>実際にスタッフが蔵に訪問した際のブログはこちらから