2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
店休日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
メルマガ登録・解除
 

六十餘洲/今里酒造




長崎県の北東部佐賀県境に位置する波佐見町は周囲を山に囲まれた静かな盆地です。その地で今里酒造は創業(1772年)以来日本酒を造り続けています。




長い歴史を有する蔵の建物のなかで、6棟が国の登録有形文化財となっていて、江戸時代の建造物とされる「店舗及び住宅」「本蔵」「中蔵」のうち、「本蔵」と「中蔵」は創業時期に近い時代に建てられたものと見られています。


手造りの酒を追及し、風土に根づいた米、水にこだわり、味わい深い日本酒を蔵人一丸となって造っています。「六十餘洲」は、土地の風土に根づいた水と米にこだわって醸される日本酒で、現在使われている原材料は地元産が中心です。米は、地元の波佐見町で契約栽培された「山田錦」と「レイホウ」のほか、福岡県糸島産の「山田錦」も使われています。

銘柄の『六十餘洲』は、以前日本には60余りの国々があったことから、日本全国という意味合いです。日本中の皆様に飲んでいただきたいという想いをこめて名付けられたました。