2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
店休日
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
店休日
メルマガ登録・解除
 

オジル




2013年にトマとジャン・ダニエルのオジル兄弟によってはじめられたドメーヌ・オジル。

彼の父親は、典型的なこの地域の栽培農家で、ブドウのみを栽培してそれを協同組合に売っていました。しかし近年は、協同組合の倒産や低価格な新世界ワインの台頭によるネゴシアンの販売不振などの影響もあり、栽培農家として生計を維持するのが年々厳しくなっています。そんな中、息子のトマ・オジルは、近隣のジェローム・ジュレやジル・アゾーニの成功を見て、自分たちの代では自然派ワインを造るんだという意志を固めて行きます。



トマはまずジェローム・ジュレの下でワイン造りを学び、そして独立前にはジル・アゾーニの下でも研修を重ねます。

特にジル・アゾーニの息子であり、現在は引退したジルの後を継いでワイン造りを手がけるアントワンヌ・アゾーニとオジル兄弟は、同世代ということもあって親交が深く、切磋琢磨しながら先駆者達の経験と知識をしっかりと吸収して、初ヴィンテージからキラリと光る魅力の備えたワインを生み出しています。


トマとジャン・ダニエルの兄弟は、とても自然体です。特に気負ったところもなく、当たり前のことを当たり前に積み重ねていくといったスタイル。

初年度は自由にして良いと許可を得た2.5haほどの面積でビオロジック栽培に転換、自然酵母による発酵、瓶詰め時の亜硫酸無添加など、さすがはジェローム・ジュレとジル・アゾーニに鍛えられただけあって「リスクヘッジ」などのない直球の自然派ワインスタイルを貫きます。


仕上がったワインは、派手さこそありませんが素朴さとピュアさ、なめらかな口当たりに余韻の美しさと、まさに南アルデッシュの自然派ワインスタイルでした。

まだまだ若く、可能性に満ちたオジル兄弟。これからさらに経験を重ねて、畑も広がり、ワインもどんどんと成長・安定してくるはずです。
(インポーター資料より抜粋)