2021年 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
店休日
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
メルマガ登録・解除
 

若波/若波酒造




若波酒造が位置する大川市は筑後川の下流に位置し、日本有数の家具の生産地として栄えてきた「ものづくり」の街。そこに明治28年に今村本家酒造として創業し、大正11年に3つの蔵に拡大分家し、若波酒造となりました。 「味の押し波・余韻の引き波」をコンセプトとしており、銘柄「若波」の如く、味がぐっと押し寄せ、爽やかに引いていく「波」を表現しています。




その中心にいるのは若き3人の造り手。緻密で計算された手腕で蔵を引っ張る、社長の今村嘉一郎氏。外見とは違いこだわりが強く、感情とセンスで邁進する社長の姉で製造統括の今村友香氏。そして努力家であり、天性のバランス感覚と知識を持ち合わせたTHE醸し人・清酒杜氏の庄司隆宏氏。「若波の三本の矢」は福岡の若手世代の旗手としても存在感を示しています。


今蔵が目指しているのは「イメージの共有」。その為に定期的にきき酒をし、蔵の目指す味わいの共有に力を注いでます。その甲斐もあってか、近年は様々な市販酒の鑑評会で最高位を受賞したり、国内で認められた唯一の公的資格・清酒専門評価者の試験に合格(今村友香氏、庄司氏)したりと技術だけでなく、酒質・きき酒能力も他を圧倒する勢い。この2人の舌をクリアできたものだけが世に放たれる…それは「安心の酒」に違いない。