2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
店休日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
メルマガ登録・解除
 

モス




現オーナーであるルネ・モスと妻のアニエスは、1987年からトゥール市内でバーを兼ねたワインショップを営んでいた。
当時、取引先であったワイン生産者フランソワ・シデーヌやジョー・ピトンに大きく影響を受けた彼らは、1993年ワインショップを閉め、ワインをつくる世界に転身を図る。


1994年彼らはアンボワーズにある栽培醸造の職業訓練学校に通いワインづくりの基礎を学ぶ。(この時、彼らに教えた先生がティエリ・ピュズラとクリスチャン・ショサールだった。)

1995年学校を卒業したルネは、ボセイ・シュール・クレーズという小さな村にあるワイナリーに入り、翌年には初めてのワインを仕込む。当時、最も懇意にしてくれた村近くでレストランを経営するジャッキー・ダレス氏の協力や紹介もあって、ルネは1997年研修の場をブルゴーニュに移す。ブルゴーニュに移った彼は、ドメーヌ・テヴノやフランソワ・ミクルスキ、ドミニク・ドゥラン、フレデリック・コサール等に出会い精力的にワインを学ぶ。

1999年ジョー・ピトンが奨めてくれたサン・ランベール・デュ・ラティ村にあるドメーヌを引き取り、妻のアニエスと2人でドメーヌ・モスを立ち上げる。

その後、チリやバニュルスのブルーノ・デュシェンで修業をしていたジョゼフと、ブルゴーニュのシャソルネイやパリのシャトー・ブリアンで修業をしていたシルヴェストルが2013年戻り、一緒にドメーヌを手伝う。2014年ルネが病に倒れたのをきっかけに、息子2人がメインでドメーヌの管理を行う。現在、アニエス&ルネは16haの畑を息子2人と従業員2人の6人で管理している。(繁忙期は季節労働者が数人手伝う。)

彼の所有するブドウ品種はシュナン・ブラン、カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、グロロ、ガメイで、樹齢は15〜75年。「美味しいワインは完熟したきれいなブドウを収穫することから始まる!」をモットーにワインづくりに励む彼らは、多様な微生物が繁殖する生きた土壌作りに余念がない。

特に畑を深く耕すことに重点を置き、その他には農薬を使用せず抗体の強い完璧なブドウを手に入れる方法としてビオディナミを取り入れている。 ジョゼフとシルヴェストルが手掛けるようになってからのワインの変化にも注目です。
(インポーター資料より抜粋)